「タイル名称統一100周年」を迎え、タイルの表現の幅は技術の向上で多様化している。 また、やきものらしい質感や色合いなど、素材感あふれるタイルも注目されつつある。 『コンフォルト』183号「人に寄り添う 左官とタイル」特集では、 日本のメーカー、輸入商社といった国内でタイルを扱う24社に、 その成り立ちや特徴について聞いた。 タイルの使い方の提案や、次の100年を見据えた展望も。

データは2021年12月現在。設計価格で税別、単位はミリ(特記をのぞく)。詳細は各社にお問合せください。掲載製品の一括資料請求はこちら

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。