「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」青森県立美術館巡回

ミナ ペルホネンと皆川明の創作の秘密に迫る過去最大規模の個展が、青森県立美術館にて開催されている。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」青森会場
青森県立美術館「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」会場風景 photograph by Manami Takahashi

「特別な日常服」をコンセプトに、デザイナーの皆川明(1967-)が設立したブランド、ミナ ペルホネン(minä perhonen)は、流行に左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトに掲げ、ものづくりを続けている。日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オリジナルの生地からプロダクトを生み出してきた。

ミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」を皆川明が立ち上げたのは1995年。「せめて100年つづくブランドに」という思いのもと、ファッションからスタートした活動は、その後、インテリアや食器など、次第に生活全般へと広がり、現在ではデザインの領域を超え、ホスピタリティを基盤にした分野へと拡張している。
本展覧会の「つづく」というタイトルは、文字通りブランドの時間的な継続性を示すとともに、つながる・連なる・手を組む・循環するなど、モノや人が連鎖し、何かを生み出していく生成のエネルギーを想起させる。多義的な意味をもつ「つづく」をキーワードに、本展では、生地や衣服、インテリア、食器などのプロダクトに加えて、デザインの原画、映像、印刷物、皆川明の挿絵など、創作の背景を浮き彫りにする作品群と、関連する資料も展示されている。
このほか、建築家の中村好文とともに進められているプロジェクトにおける、新たな「宿」のプロトタイプが展示されているほか、現代美術家の藤井光氏がミナ ペルホネンの世界を撮り下ろした映像作品も上映。美術館前広場で展示されている屋外作品〈遊具〉は、皆川明氏がデザインしたもので、今回が初披露となる。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」青森会場
青森県立美術館「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」会場風景 photograph by Manami Takahashi

本展は、東京都現代美術館にて2019年11月より開催された企画展「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」を皮切りに、兵庫県立美術館、福岡市美術館で開催されてきた展覧会の青森巡回で、東北・北海道エリアではこれが初の開催。
展示構成は、これまでと同様に、建築家の田根剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)が担当。展示内容は開催を重ねるごとに進化し、本展のキーワードである「つづく」がそのまま表現されている。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」

information

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」
会期:2022年7月16日(土)〜10月2日(日)
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
※8月27日(土)、9月10日(土)、24日(土)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
休館日7月25日(月)、8月8日(月)、8月22日(月)、9月12日(月)、9月26日(月)
会場:青森県立美術館(青森県青森市安田近野185)
観覧料:一般 1,500円、高大生 1,000円、小中学生以下無料
※障がい者手帳の提示で付添者1名まで無料
※会場では感染症対策を実施

展示構成:田根剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)
展示構成補助:阿部真理子(aabbé)
グラフィック・デザイン:葛西薫(sun-ad)
屋外作品〈遊具〉製作:ジャクエツ

主催:つづく展青森実行委員会(青森県立美術館、朝日新聞社、青森県観光連盟)
後援:青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、青森ケーブルテレビ、エフエム青森、東奥日報社、デーリー東北新聞社、陸奥新報社、青森県教育委員会、青森市教育委員会

展覧会特設サイト
https://mina-tsuzuku.jp/

青森県立美術館 ウェブサイト
https://www.aomori-museum.jp/

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
%d