大阪中之島美術館「Parallel Lives 平行人生 — 新宮 晋+レンゾ・ピアノ展」【読者プレゼントあり】

風・光・水をテーマに、自然のエネルギーの力で動く造形作品で知られるアーティストの新宮 晋(しんぐう すすむ)と、イタリアを代表する建築家の一人であるレンゾ・ピアノ(Renzo Piano)。共に1937年生まれのアーティストであり、数多くのプロジェクトで協働してきた両者の名を冠した展覧会が、大阪中之島美術館にて開催されている。

大阪中之島美術館「Parallel Lives 平行人生 — 新宮 晋+レンゾ・ピアノ展」
左:レンゾ・ピアノ「関西国際空港旅客ターミナルビル」(1988-1994年)1994年 ©Fondazione Renzo Piano ©Kansai Airports ©Kawatetsu
右:新宮 晋《はてしない空》(1994年)+レンゾ・ピアノ「関西国際空港旅客ターミナルビル」(1988-1994年)4F国際線出発フロア、2016年 撮影:石田俊二(RPBW)©RPBW-Renzo Piano Building Workshop Architects

新宮 晋とレンゾ・ピアノの初めての協働は、レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ ジャパンが設計を手がけた関西国際空港(関空)第1旅客ターミナルビルの4階 国際線出発フロアに、新宮の作品《はてしない空》が展示された、1994年まで遡る。以降も両者は、東京・銀座の銀座メゾンエルメスにおけるパブリックアートなど、世界各地で10を数えるプロジェクトでタッグを組み、実現させてきた。本展は、平行し、交差してきた両巨匠の作品と人生の歩みを辿り、現在進行形の創作活動とそれぞれの世界観を紹介するもので、作品の模型や貴重な資料のほか、本展のために作成された年表「平行人生」などが展示される。

大阪中之島美術館「Parallel Lives 平行人生 — 新宮 晋+レンゾ・ピアノ展」
左:レンゾ・ピアノ「スタヴロス・ニアルコス財団文化センター」(2008-2016年)、2016年 Ph: Denancé, Michel ©Denancé, Michel
右:新宮晋《宇宙》(2016年)+レンゾ・ピアノ「スタヴロス・ニアルコス財団文化センター」(2008-2016年)、2016年 Ph: Dimitrakopoulos, George ©SNFCC

information

「Parallel Lives 平行人生 — 新宮 晋+レンゾ・ピアノ展」
会期:2023年7月13日(木)〜9月14日(木)
休館日:月曜
開場時間:10:00–17:00(最終入場は16:30まで)
会場:大阪中之島美術館 5階展示室(大阪府大阪市北区中之島4丁目3-1)
観覧料:一般 2,400円、高大生 2,000円、中学生以下 無料

大阪中之島美術館「Parallel Lives 平行人生 — 新宮 晋+レンゾ・ピアノ展」

主催:大阪中之島美術館、朝日放送テレビ、日本経済新聞社
協賛:エルメスジャポン株式会社
協力:イタリア文化会館-大阪、関西エアポート株式会社、Zentis Osaka、株式会社脇プロセス
後援:在大阪イタリア総領事館

詳細 / 大阪中之島美術館ホームページ
https://nakka-art.jp/exhibition-post/parallel-lives/


読者プレゼント

この展覧会のペアチケットを抽選で2組4名様にプレゼントします。
メールタイトルに必ず「大阪中之島美術館 新宮 晋+レンゾ・ピアノ展 チケットプレゼント」と明記し、送付先の住所・郵便番号・氏名、年齢と、『コンフォルト』の感想もお書き添えのうえ、下記メールアドレスまで([@]→@に変えて)お申し込みください。
info[@]confortmag.net
応募締切:2023年8月6日(日)
ご応募をお待ちしております

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。