【10/11(月)オンライン対談】堀部安嗣(建築家)× 長田幸司(左官職人) 「土壁のある住まいの優しさ」

コンフォルトでは日本左官会議との共催で、オンライン対談を開きます。

堀部安嗣さんは、コンフォルトでもその作品や対談を記事にさせていただいています。
(180号/五台山竹林寺「本坊・庫裡 納骨堂」、177号/「扇ガ谷の家」、
175号/高橋源一郎さんとの対談、161号/「ガンツウ guntu」など)
おだやかで居心地のよい住宅を設計することで知られ、
多くの建築家や工務店の目標といえるような存在です。

長田幸司さんは、たしかな腕と誠実な仕事でまわりの信頼が厚く、
着実に自分の世界を広げています。
(175号「空間をつくる名職人60」および150号で紹介)

そのふたりが協働し、意気投合したことから今回の企画が生まれました。
ぜひご参加ください。

【10/11(月)オンライン対談】
堀部安嗣(建築家) × 長田幸司(左官職人)「土壁のある住まいの優しさ」

堀部さんは長田さんの左官を「手間をかけ、かつ一切無駄がない。
この現代にあって救われる思いがする」といいます。
長田さんは堀部さんと出会って、「建築家の仕事はすごいということがよくわかって、応えたいと思った」といいます。

建築家と職人が、お互いを尊重しつつ、切磋琢磨する。
それは、家づくりの現場におけるひとつの理想です。
そして、ぜひ継承していきたい文化です。

おふたりが出会ったことによって、発見したこと、感じたことを率直に語っていただきます。
設計、施工、どちらの立場の方にとっても、有意義なお話が聞けることと思います。
ぜひご参加ください。

information

日時:2021年10月11日(月) 18:00〜20:00
開催方法:オンライン [ YouTubeライブ ] 堀部安嗣さんが設計し、長田幸司さんが左官仕上げを行った「葉山の家Ⅲ」から配信します。
参加費:無料
定員:300名
共催:コンフォルト(建築資料研究社)・一般社団法人日本左官会議
申込み https://sakan-talk.peatix.com/

登壇者プロフィール
堀部安嗣(ほりべ・やすし)
1967年神奈川県横浜市生まれ。1990年筑波大学芸術専門学群環境デザインコース卒業。1991〜1994年益子アトリエにて益子義弘に師事。1994年堀部安嗣建築設計事務所を設立。2002年第18回吉岡賞を《牛久のギャラリー》で受賞。2007年より京都芸術大学大学院教授。2016年日本建築学会賞(作品)を《竹林寺納骨堂》で受賞。2020年毎日デザイン賞を《立ち去りがたい建築》で受賞。著書、展覧会多数。

長田幸司(おさだ・こうじ)
1975年神奈川県湯河原町生まれ。祖父、父も左官。日本大学短期大学部から中央学院大学に編入、卒業。1996年小田原城銅門の復元工事をきっかけに左官を志す。1998年から3年間、京都の岸左官工業での修行後、地元へ戻る。左官の榎本新吉さん、久住章さんとの出会いが大きな転機となる。2008年〜長田左官工業代表。住宅を中心に、土蔵や文化財の修復など、幅広い仕事を手がける。日本左官会議理事。

—–
司会進行:多田君枝(『コンフォルト』編集長・日本左官会議 事務局長)
—–
視聴者特典
今回、オンライン対談を視聴した方には、『コンフォルト』および『土と左官の本』をセットで、特別価格で販売します。
日本左官会議会員限定のセットもご用意。どちらも期間限定です。どうぞお楽しみに。
※詳細は追ってお知らせします。

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。